葬儀の前に準備すること

バナー

葬儀の前に準備すること

近親者・配偶者などの大切な人が亡くなった場合は、悲しみにくれる間もなく、葬儀についての準備を進めなければなりません。

決めなくてはならないことは、まず喪主です。配偶者が亡くなった場合は、残された配偶者が通常は喪主となります。

もし配偶者がすでに故人であったり、不在だった場合は、亡くなった方の親族で親等の小さい順から決めます。



地域性もありますが、檀家となっている寺社と相談して、いつ通夜を行い、告別式を執り行うかも決定する必要があります。


寺社では対応できない規模の葬儀を行う予定であれば、セレモニーホール等の手配も必要です。

wikipediaのお得情報を用意いたしました。

声掛けする人数や規模についても、早めに目処をつけなければなりません。

もし冠婚葬祭業者に委託する場合は、檀家の寺社との調整や火葬場との調整等を業者が行ってくれることとなりますが、葬儀の費用は亡くなった方の意向や経済状況によって検討する必要が出てきます。

葬儀の準備を検索してみてください。

また、親族だけで葬儀を執り行うことが人数的に難しい場合は、ご近所さんや業者にお願いすることも念頭に置かなければいけません。準備段階で地域の人の手が借りられるのかどうか、確認しておくことが重要です。

辛いことですが、大切な人の死期が間近に迫ったと感じられたときには、金銭的な部分や、周囲の人へのお知らせをどのくらいの範囲で行うか、誰にまず訃報を知らせるべきか、業者に依頼するのかどうかなど、葬儀の準備を始めておくのが、その時を迎えても慌てることなく、悔いのない見送りをするには有効です。